SSブログ

月のうさぎ [旅]

1.jpg

こだまに乗って向かった先は熱海。
そこで伊東線・伊豆急に乗り換えて川奈へ。

なかなか予約が取れないという宿「月のうさぎ」へ。
一時期は超人気で1年先まで予約でいっぱいだった時もあるくらい。
今はそこまでではないそううですが、やはり平日も満室でした。
駄目元でキャンセル待ちを入れたのは泊まりたい日の10日程前。
それが運よく取れたのですよ~。

ちょっと気になるところはあったものの、せっかくだから泊まってみました。
久々の伊豆。海を眺めながら温泉三昧をしてきましたよん。

3.jpg

5.jpg4.jpg

名前にちなんで、うさぎをモチーフにしたものがあちこちにあります。どれも可愛い♪ 

7.jpg

到着すると、まずお食事処に案内され、お菓子とお茶が出されます。
お菓子は手造りの五平餅。自分で焼くんだよー。^^

8.jpg

出来上がり~!葉っぱを耳に見立てて、うさぎ風にしてあります。
これはおいしかったわ。お食事処からは竹林が見えて、寛げます。

9.jpg

竹林を通って、お部屋へ。
お部屋は全部で8室。全て離れの露天風呂付きになります。

10.jpg

さざんかが咲き乱れる小道を通って離れに向かいます。

9.jpg

私達が泊まったお部屋、月の雫は二階建て。
平屋もあるんですが、なんせキャンセル待ちで取れたので贅沢は言えません。

10.jpg

1階には居間と洗面所とお手洗い、内風呂があります。お庭に露天風呂。

12.jpg

2階が寝室。このベッドは木の上に布団を敷いただけだった思う。
固くて腰が痛くなっちゃった。マットレスがほしかったな。。。

11.jpg

内風呂からも海が見えます。ちらっと見えてるのが露天風呂。
このお宿はともかく露天風呂がいいのですよ。海の眺めもサイコー!
(そちらの写真は次の記事で)

13.jpg

建物は古民家を移築して改築したものだそう。
お庭の露天風呂など、建物全体のコンセプトはいいと思うんだよね。好きです。

ただね。。。

これだけのお宿にしては備品とかがなんとなく安物っぽいというか。
生花も飾ってなかったような?途中でオーナーが変わったのかと思うくらい、
ちょっとちぐはぐなところがあるんですよねえ。

15.jpg

そんなことを感じながらも露天風呂でゆらゆら~、してたらご機嫌さんに。
その後はお夕食です。テーブルは和クリスマスのテイスト。こういうセンスはいいよね。

16.jpg17.jpg

左の一品はチーズが入った茶碗蒸しで、赤ワインに合いそうな一品。
でも、ワインが高過ぎ。和食なのにボトルは1万円からでグラスワインはないのだー。
お料理は悪くはないんですが、大きな感動もない。 

18.jpg21.jpg

20.jpg

これはおいしかったよー。焼き味噌がおいしいのだ♪

1.jpg2.jpg

お料理の一覧には素材のご紹介などはなくて、それぞれのお料理にネーミングがされています。
どんなお料理だろう?と想像しながら、それを話題にお話してください、ということでしたが、
そういう企画の割にはネーミングがイマイチ。
例えば、左のお料理の名前は「溶岩」。
溶岩石で焼いてるからなんだとか。どれもそんな感じでして。
その都度、なんだと思います?と聞かれてもちょっと困るというか、会話にならない。
ノリが悪くて、ごめんよぅ。^^;

3.jpg

一番感動したのはごはん。お米マイスターが選んだものだそうで、炊きたてはおいしいよー♪ 

4.jpg

5.jpg

お部屋にもデザートが置いてありました。ここのデザートはおいしいです。

1.jpg

朝ごはんの風景。

2.jpg3.jpg

フレッシュ・ジュースは選べるんだけど、別料金です。。。

4.jpg

期待していた干物はやっぱりおいしい!

5.jpg

チェックアウトの際にもお食事処でお茶とお菓子が供されます。
チーズ入りのお餅。これもおいしい。

全体的な感想なんですけど、なんていうのか、、、

お部屋の備品やその他諸々、それと、女性スタッフがやたらと若くて、
とってつけたようなサービスだったりするところとか、なんとなく違和感を感じるのね。
(女性スタッフからは一生懸命さは伝わってくるんだけどね。心から寛げなくて)

お宿全体に心地よさを目指している部分と、儲け主義っぽく感じるところとが混在している。
おもてなしの精神が中途半端、というと厳し過ぎるでしょうか。

今年泊まった宿がどこもよかったから、余計にそう感じてしまうのかもしれません。
そんなわけで、辛口な感想になってしまいましたが、露天風呂と眺めはサイコー♪で、
それだけでも行った甲斐があったと思いました。そんな写真を次で!


タグ:温泉
nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 7

まぐろとわさび

なんとなく雰囲気わかりました。
ワタシも以前、隠れ家的な高級旅館に泊まったときに
設備やお料理は良いのですが、担当の人や給仕さんが
とても若くて、ん?と思ったことがあります。
やはりきちんとしたおもてなしの作法が身に付いてないのですよね。
頑張ってるのはわかるのだけど・・・^^;

by まぐろとわさび (2008-12-23 23:13) 

kanon

まぐわささんも同じような経験をされてるんですね。
そうそう。そんな感じなのです。なんかお宿の雰囲気とスタッフとが
そぐわないんですよね。一生懸命ではあるんだけど。。。

by kanon (2008-12-24 00:23) 

kantaro

本当の意味でのおもてなしの心を持ってるスタッフというのは、なかなかいないですよね。おいらも日々、勉強です。
by kantaro (2008-12-24 08:29) 

kanon

kantaroさん、こんにちは。ありがとうございます。
心からのおもてなしをできるようになるまでには時間もかかりますよね。
日々勉強。私も見習わなくては!
by kanon (2008-12-26 15:08) 

くりっぴ

最近、高級ホテルなんて泊まってないわ。
それにしても、こちらの宿は、素敵ですね。
スタッフもメンバーがそろっていたら、もっといいのでしょうけど。
平屋ってどんなんなのだろう・・・??

by くりっぴ (2008-12-28 12:31) 

kanon

くりちゃんへ。
見たわけではないんですが、平屋の方がお庭は広くなるようです。
居間の隣が寝室で空間的には横に広く開放感があるんではないかなと。
1泊だけだと使い勝手は平屋の方がよさそうな気がしました。
2階からの眺めもよかったけどね~。^^
by kanon (2008-12-29 03:05) 

Cialis tablets

沒有醫生的處方
we recommend cialis best buy http://kawanboni.com/ Cialis rezeptfrei
by Cialis tablets (2018-04-14 19:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます