SSブログ

1月28日☆「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会~ [舞台全般]



昨日の大阪は大阪国際女子マラソン、 大阪ハーフマラソンがありましたね。
その真っ只中で人が溢れる森の宮に行ってきました。

お芝居ではないのですが、ようやく私の今年の初観劇。
リーディングと音楽のコラボ[るんるん]

大好きな恩田さんの『蜜蜂の遠雷』が原作。
本に合わせてCDもいくつか出ています。私が持っているこちら(↓)とか。



その公演の昨日は大千秋楽。
ゲストはあっきーで 高島さん役です。しかも大阪。

あっきーはコンサートなどのへのゲスト出演も多くありますが、
ほとんどが東京方面なんですよね。 ほぼ行けない[あせあせ(飛び散る汗)]
年初の「TENTH」もですが、来月のマシュー・モリソン、cube三銃士、、、
どれも行きたかった。特にマシュー・モリソン[たらーっ(汗)]
その分、昨日の公演は嬉しくて[黒ハート]嬉しくて[るんるん]楽しみにしてました。(^○^)

リーディングとフルオケ+ビアノの生演奏。
原作はその中で描かれている曲を知らなくても十分楽しめますが、
音楽と併せて楽しむのもいいものですよね。

栄伝亜夜役の家入レオさん。 よかったです[黒ハート]
お芝居などは初めてとのことでしたが、

台詞のひとつひとつにしっかりと思いが込められてる!
役に対して真面目に取り組んではるのが伝わってきました。
役柄も合っていたと思います。

しかも、笑顔も歌もチャーミング[黒ハート] ライブも素敵なんでしょうね。

風間塵役の橋本さん。んー、すみません[あせあせ(飛び散る汗)]
私が勝手に思い描いている、幼さがまだ残る、 自由本坊な風間塵のイメージ、、、
とは違ってて。そこはちょっと残念でした。

マサル役の木村さんも(年齢的に)最初は違和感がありましたが、
アヴェマリアは素敵でした。男性の方ですが、とてもきれいなソプラノ。
今更ながらぐぐってみたら、木村さんはソブラニスタさんなんですね-。
リーディングの時はわからなかったのでびっくりでした。


ところで、原作にアヴェマリアは出てきたでしょうか?

読んだのが随分前なので細かいところは覚えてなくて。イメージなのかな?

ストーリー・テラーが二人構成なのはよかったです。
すっとした立ち姿のお二人が舞台の両脇にいてはるのがかっこよかった。
初めましての朴さんでしたが、下手側だったのもあって、引き込まれました。
リーディングはただ読むだけではないんだな、 と改めて。

あっきーは私的には風間塵のイメージなのですが、 しっかり高島さんでした。
1日だけなのによく合わせてきましたねー。上から目線ではなくて[あせあせ(飛び散る汗)]素直に馴染んでたなと。
(しかも、昨日まで『Heads Up』長野公演。お疲れさまでした。)

音楽に真摯に対峙する姿勢が似てる。
二幕の台詞はあっきーの思いそのもののようでした。
朴さんの高島夫人との会話にほろり[あせあせ(飛び散る汗)]

あっきーの歌があればよかったけど、まあ、仕方ないですね。
リーディングの声もやっぱり好き[黒ハート]

あれ、でも、歌わないのに、なんであっきーなのかな? とこれまた今更。
まあ、いいや。(^○^)

ピアノはお二人ともよかったです。 特に、川田さん。
なんとなく藤井隆さんに似てる? なんてことは関係なくて!素晴らしかった。
プロコフィエフの演奏の前の間の取り方も好き。

これ、難しい曲ですね~
席が下手よりで、ピアノを演奏する手元がよく見えたんですが、
見てるだけでもスゴかった。 ドキドキしました。

 

ダーリンは、例えば、途中の拍手のタイミングがわからなかったりと、
舞台と客席との一体感がもう少しあればよかったね、と。
ピアノ演奏の前後ははっきりしてましたが、確かに微妙な時がありました。
あと、風間塵に触発されてそれぞれが進化していく、
というのがほしかったとも。同じ舞台の片隅にいるだけでも表現できそう。

こういった企画は楽しいけど、難しいですね。
そもそも原作のあの内容を演奏を挟みながら2時間に収めるというだけでも大変。
素敵な企画やと思うし、また違う構成や視点でもやってみてほしいです。



終演後にお茶[喫茶店] 
実は、、、 ビールとワインで乾杯[ビール][バー]もしています

今年の舞台をあっきーで始められて嬉しい。 今後も楽しみにしています。
さっ、来月は怒涛の真冬の観劇月間[雪] 楽しみです[黒ハート]

「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会~  公式HP

【原作】恩田陸「蜜蜂と遠雷」
【音楽監督】千住 明 【管弦楽】大阪交響楽団
【指揮者】澤村 杏太朗

【ピアノ】川田 健太郎/西本 夏生
【出演】風間塵:橋本良亮 栄伝亜夜:家入レオ マサル・カルロス:木村優一
高島明石:中川晃教 ストーリーテラー:湖月わたる/朴璐美

1月28日森の宮ピロティホール 11列下手

#stage #中川晃教 #中国茶 #タルト

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

雪!いいお天気! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます